笑いあう夫婦

意外と多い不妊の悩みから抜け出すための漢方

Choices Post

Site map

簡単に妊娠できると思っていたら甘かった

お腹の音を聞く人

結婚してすぐに長女を授かることができ忙しい主人に代わってほとんど一人で長女を育てていましたが長女が4歳になったころにもう一人子供を産みたいという気持ちになりました。引っ越しや実父の病気などがありバタバタしていたので正直、二人目を考える余裕はなかったのですが主人にもう一人子供を産みたいと伝えたところ、仕事が忙しいこととこれ以上、子育てをしたくないとの理由で断られてしまいました。
それでも子供が産みたいと思ったら諦めることができず一年以上、主人を説得し妊娠できたらもう一人産んで育てようと話がまとまりました。長女は5歳になっていたので年齢を考えると焦りましたが長女をすぐに妊娠したこともありすぐに妊娠できるだろうと軽く考えていました。もう一度、妊娠しようと努力してから半年たっても妊娠することもなく最初、子供はいらないと言っていた主人の方が自分に問題があるのではないかと焦りはじめ病院で検査を受けると言いだしました。
もう少しだけ頑張ってみようと話し合い妊娠を希望してから一年以上たってからやっと妊娠することができ長女が6歳の時に長男を出産しました。なかなか妊娠できず落ち込んだ時もありましたが最初の妊娠から時間がたっていたため妊娠しずらい体質になっていたのかもしれません。若かったからこそすぐに妊娠できたのかもしれないのでもっと早く二人目の事を真剣考え主人とよく話し合っておけばよかったと思いました。

Copyright © 2017 意外と多い不妊の悩みから抜け出すための漢方 All Rights Reserved.